FC2ブログ

ラフノート ~落書きな絵と日記のノート~

落書きな絵と日記。ゲーム、漫画、小説、映画等で面白かったものをネタとしてのメモみたいな感じで綴っていけたらいいな、なラフノート。
コンテンツ充足化をはかるために無謀にもHowToのページも作るかなぁ、と考えてます。
ブログで記事にしたものを整理して作るって形になると思います。

いや本当挫折する前にいけるといいんですが(笑

で、とりあえず避けては通れないパースのお話をば・・・。

後で図も入れようと思いますが、ちと眠いのでメモ的に書かなければならないことを
つらつらと語らせてもらいます。

まず、同じ方向を向いた平行な線すっごい遠くまでいくと一点で交わるということ。
これを覚えておきましょう。

すると、地面と平行な線が交わる点は、地面がすっごく遠いところまでいった線、
俗に水平線と呼ばれる線上に並ぶことになります。

絵を描く人は何となく感覚的に理解はしてるとは思うのですが、こういう感じに
言葉にしておくと迷った時にどうするか分かりやすいと思います。

では、実際構造物を描く際に用いられる透視法について説明してみます。

①1点透視
立方体を正面から見たものを想像してもらえればいいと思います。
奥行きに使われる線は全部平行で、地面からも平行なので、そのすべての線が水平線上の一点に向かって引かれることになります。
他の縦と横の線には角度はつきません。

これが結構よく聞かれることなんですが
なぜ縦と横の線に角度がつかないか?という疑問を感じたことはありませんか?

その答えは最初にも書きましたが、同じ方向を向いた平行な線は
すっごい遠くまでいくと一点で交わるからです。

で、ここで人間の視界についてのお話なんですが、すっごい遠くまで見れる方向軸って
奥方向しかないんですよね。
横だってずっと先まで見れるよ、と言われるかもしれませんが、その時はきっと横に顔を
向けているはずです。そうすることで、横に奥行きが生じるので遠くまで見れるように
なるんです。

立方体が正面を向いている時に横方向には一切奥行が絡むことはありません。
そこで、奥行きの辺だけに1つの点で交わるというルールを適用してやればいいのです。
これが結果、1点透視となります。

②2点透視
今度は立方体を斜めから見ることを想像してみてください。
正面では横方向だった辺に奥行きの要素が加わったのが分かると思います。
すると、今回は2つの奥行き要素を持つ方向軸がありことになり、その2つの方向軸それぞれに
すごく遠くまでいくと1点で交わる、またその点は水平線上にあるというルールを
適用してやることになります。

同じ方向軸をもった線が遠くで交わる点のことを消失点といいます。
今回はこの点が2点あるので2点透視と呼ばれます。

③3点透視
これは縦のパースを考えるパースの手法です。
これまでの考え方が分かっていれば理解は割と簡単だと思います。

縦に奥行きが生じる時、それは上を向いた時(下を向いた時)です。
必然的に見上げた(見下ろした)ような絵になります。

奥行きを持つのは地面と平行な横方向の2軸、それと上方向の1軸になるので
それぞれに消失点をとってあげれば3点透視の完成です。

で、ここで3点透視では注意しなければならない点が一つあります。
それは縦方向の線は水平線をまたいではならないことです。
何故かと言いますと、この3点透視を使うという段階ですでに視界が上を向いているからです。

水平線を捉えられるような構図になった場合、視界は普通の目線に戻っているか
それに近い状態になってしまっているはずです。
そうすると縦方向には奥行きが生じなくなってしまい、縦方向にパースがかからなくなる。
つまり、3点透視ではなくなってしまうのです。

でも、実際はプロのマンガの中でも水平線超えちゃった3点透視の絵なんて
いくらでもあります。
要は使いようなんですが慣れないうちはやらないことをオススメします。


と、まぁこんな感じの自分なりに分かりやすく伝えようという感じで頑張ってみたパース論。
別個にHowToページ作る時にもう少し整形して図も入れようかと思います。

現在は、とにかく 眠い (ぇ

では、また・・・Zzzz
拍手する 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://minasato.blog76.fc2.com/tb.php/219-8c1eac2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック